• アニメサーチ
  • 声優サーチ
  • アニメアンケDEランキング
  • アニメランキング
  • アニメキャラクターランキング
  • アニメ人気投票
  • アニメキャラクター人気投票
  • レビュー一覧
  • 番組カレンダー
  • メンバーログイン
  • アンケDEランキング

  • 検索条件

  • こだわり条件

× male(男性) female(女性) neutral(中性)
× 0歳~9歳 10歳~19歳 20歳~29歳 30歳~39歳 40歳~49歳 50歳~59歳 60歳以上
× 北海道 青森 岩手 宮城 秋田 山形 福島 茨城 栃木 群馬 埼玉 千葉 東京 神奈川 新潟 富山 石川 福井 山梨 長野 岐阜 静岡 愛知 三重 滋賀 京都 大阪 兵庫 奈良 和歌山 鳥取 島根 岡山 広島 山口 徳島 香川 愛媛 高知 福岡 佐賀 長崎 熊本 大分 宮崎 鹿児島 沖縄 北アメリカ 中央・南アメリカ オセアニア ヨーロッパ 中央・西アジア 東南アジア 東アジア アフリカ
× A型 B型 AB型 O型
× 学生 社会人 主婦・主夫 (定年)退職者 無職・ニート その他
× 建築家 論理学者 指揮官 討論者 提唱者 仲介者 主唱者 広報運動家 管理者 擁護者 幹部 領事館 巨匠 冒険家 起業家 エンターテイナー
× 放送中 今期放送 2018年放送 2017年放送 2016年放送 2015年放送
× SF 日常 恋愛 ファンタジー 部活 学園 ハードボイルド ラブコメ シリアス ロボット ホラー バトル/アクション ほのぼの/癒し サスペンス/ミステリー 百合 歴史/群像劇 青春 社会派 ギャグ BL 未来 コメディ 現代 近代 歴史/過去 異世界 美少女
番組表一覧
2018年秋期放送予定の一推しのアニメ一覧
2018年夏期放送予定の一推しのアニメ一覧

「イングレス」レポート

マイリス登録
メニュー 作品紹介 放送局一覧 キャラクター一覧
作品名イングレス
放送状況放送終了
カテゴリーSFバトル/アクションサスペンス/ミステリー現代
タグSFシリアスミステリー2018秋イングレスAR超能力
公式http://ingress-anime.com/
公開2018年10月17日
画像イングレス
みんなの評価
総合1500pts
世界観1500pts
キャラクター1500pts
音楽1500pts
作品紹介
主人公マコト
ヒロインサラ
内容◆放送情報
・2018年10月17日 - 2018年12月26日

◆作品紹介
2013年、スイスの原子核研究機構『CERN』──。
ヒッグス粒子発見の影で、ある秘密プロジェクトが発足した。
そのプロジェクトの名前は『ナイアンティック計画』。
その目的は人間の精神に干渉する未知の物質を研究することにあった。

『エキゾチック・マター(XM)』と呼ばれる事になるその物質は、
古来より人々の精神・能力に感応し、人類の歴史にさえ大きな影響を与えてきたのだった。

世界各国の機関が、秘密裏にその研究に取り組んだ。
XMは、人類の希望または脅威とされ、
大国や巨大企業による争奪戦が巻き起こってゆく。

XMの力を受け入れ、人類の進化に利用しようとする『エンライテンド』。
XMを脅威と見なし、コントロールしようとする『レジスタンス』。

世界はふたつの陣営に別れ、今も争い続けている。
この世界で起きている争いの背後には、XMの存在があったのだ。

そして、2018年──。

東京、そして世界を舞台に、XMをめぐる新たな戦いが幕をあける。

◆物語
マコトは幼い頃から、触れた物の記憶を読む、奇妙な力を持っていた。
制御できないその力を隠しながら警察の特殊捜査官として働く彼は、
未知の物質「XM」の研究所爆発事故現場で不可解な記憶を見る。
事故の唯一の生存者、サラの指環に残されていた記憶。
それは人が赤い光に飲み込まれ、消失する光景だった。
巨大な陰謀に巻き込まれていくマコト。
人間の精神に影響する物質「XM」を巡る戦いが、始まる――。
スタッフ/他[STAFF]
原作:NIANTIC
監督:櫻木優平
脚本:月島総記/月島トラ/赤坂創
音楽:カワイヒデヒロ
キャラクター原案:本田雄
副監督:入川慶也
CGディレクター:古川厚
美術監督:加藤浩(ととにゃん)/ 坂上裕文
美術監督補佐:新井帆海
コンセプトアーティスト:幸田和磨
モデリングディレクター:宮岡将志
アニメーションディレクター:小林丸
撮影監督:野村達哉
制作プロデューサー/音響監督:石井朋彦
アニメーション制作: craftar

[CAST]
マコト:中島ヨシキ
サラ:上田麗奈
ジャック:喜山茂雄
ハンク・ジョンソン:佐々木啓夫
人工知能ADA:緒方恵美
放送日時
フジテレビ10月17日 24時55分
最終更新日2018年09月09日

感想 コメント

▲TOPへ